2007年 06月 09日
教育県長野
我が家は西部小学校の通学区の最東端だと思う。
およそ小学校まで2キロ。
7時過ぎから30分の間に通学するようだ。
1年生は黄色いヘルメット、他は白いヘルメットを被ってランドセルには熊除けの鈴がぶら下がっている。

朝6時前後に犬の散歩に出ると、もう子供達は元気に遊んでる家もある。
驚いた事に、その子供達が挨拶してくる事だ。
こっちが声をかける前に、「おはようございます~」と大きな声で言ってくる。
こっちも負けずに「おはよう~」

御代田の雪窓公園にも行く事があるが、そこの小学生や中学生も知らない私達に「ちぃーっす」と声を掛けてくる。
そんな子達を見ていると、「守ってあげたい」と思っちゃう。

以前、しなの鉄道に乗った時、軽井沢高校の生徒がドアの前を塞いで話し込んでいた。
そのカッコウは、制服のズボンを腰パンではいていたり、決して良い格好では無かったし怖い気もした。
でも降りなきゃいけないので、「ごめんね。降ろしてくれる?」と言うと、「おい、降りる人がいるんだぞ。どけ!どけ!」と仲間に言って道を空けてくれた。
今日も雪窓公園の球場で佐久地区の中学校の野球試合があった。
その子供達も挨拶の声を掛けてくる。
これは単なる偶然じゃない。地域で教育しているのだろうか?

かつて長野県は教育県と言われていた。
そのイメージも薄れた近年も、田中県政になってまた教育県と呼ばれるようになった。
県レベルのものなのか、地域がそうしているか知らないが、このまま素直な子供達が増える事に期待してしまうのだ。


人気blogランキングへ
[PR]
by ts-style | 2007-06-09 22:16 | 日常 トップ▲

愛犬と私と家族の日記  
by ts-style
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
LINK! リンク! 
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<< 病院のこと トップページ 悩みどころ >>