2007年 03月 22日
佐久総合病院
近所の診療所で喘息の疑いを指摘され、大きな病院で検査するように言われてた。
今日思い切って佐久総合病院に行ってきた。

以前の所は30分以内に日赤・杏林・慈恵病院があった。
その感覚で行った佐久の病院は、「思ったより古そう」のイメージ。
でも中に入ると人で混んでる。しかし、職員の印象は親切で丁寧だ。

初めの総合診療科で呼ばれて入ったら、
「こんにちは、医師のMです。よろしくお願いします」と・・・・
ビックリしました。

触診、聴診、レントゲンに肺活量を調べる。その後吸入してから再度肺活量を調べる。

結果、ガンや結核は見当たらない。初期の喘息。
フルタイドと言う吸入用散剤と苦しい時に使うサルタノールと言う噴霧式の吸入剤を貰う。
家族に喘息がいなければ治ると言うか、症状が改善する見込みはあるそうだ。

終わりの診察の時、M医師が言った。
「本当は私が担当になるのですが、残念ながら私は3月いっぱいで移動になります。4月からはこちらのT医師が担当になります。」
どうやらこの病院は担当制らしい。
まぁ同じ医師なら次回にまた説明することも無いからいっか?
次回は4月5日。これからは予約診療になる。
今後良くなってきたら地元の提携医師に紹介状を書いて引き継いでくれる。
ここでもいいけど混んでるしね。

帰り際、屋上のヘリrポートからドクターヘリが飛び立っていった。
凄い音がしてたけど、外にいる患者さんは平然としてた。慣れているんですね。
初めて見るドクターヘリ。
こう言う設備はどんどん増えて欲しいですね。

人気blogランキングへ
[PR]
by ts-style | 2007-03-22 22:11 | 日常 トップ▲

愛犬と私と家族の日記  
by ts-style
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
LINK! リンク! 
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<< 出会いと別れ トップページ パノラマラインとスキー場 >>